千歳市民病院近く/交通事故治療に特化したはりきゅう整骨院

産後矯正


産後、このようなお悩みはありませんか?
●産前のジーンズやスカートが履けない
●寸胴体型になってしまった
●尿漏れがなかなか治らない
●冷え性・生理痛がひどい
●尾骨や恥骨、骨盤周りに痛みがある
●股関節(脚の付け根)が痛い
●下半身がむくみやすい
●下腹部のポッコリがなかなかとれない
●O脚が進行した
●初産の時は体重がすぐ戻ったのに、二人目を産んだ後戻らない
●初産の時は痛みが出なかったのに、二人目を産んだ後は痛みが残っている
●他の治療院で骨盤矯正を受けたが、効果が感じられない

産後骨盤矯正と通常の骨盤矯正の違い

産後の骨盤矯正は通常の骨盤矯正と大きく異なります。
通常の骨盤矯正は日常生活の中のさまざまな原因によって上下・左右に歪んでしまった骨盤のずれを治したり、負担のかかってしまった筋肉などの緊張をほぐし、本来骨盤があるべき位置に戻すことが目的ですが、産後の骨盤矯正は、妊娠や出産に伴う骨盤の開きや腹筋の広がりなどを正すことが目的です。
妊娠5~6ヶ月頃になると子宮が小骨盤から大きくせり出し、骨盤内部の圧力が高まり、骨盤上部が徐々に開き始めます。
陣痛が始まると、骨盤のみならず全身の靭帯が弛緩し、赤ちゃんが産道を通りやすい状態になります。
そして出産時赤ちゃんは4回転しながら頭から出てくるため、お母さんの骨盤に掛かる負担は大変大きなものになります。赤ちゃんの頭は狭い産道を通って出てくるために圧で頭が変形するのですが、同様の圧をお母さんの骨盤も同時に受けています。本来逆三角形である骨盤四角形になり、回転しながらの圧が左右の骨盤にかかることで、骨盤のずれが生じるのです。また、腹筋も左右に大きく広がりうまく使うことができなくなります。
出産後骨盤は一気に閉じますが、1ヶ月~1ヶ月半ほどは骨盤の骨と骨をつなぐ筋が非常に弱い状態になっています。この時期の悪い姿勢は、強い歪みを作ってしまう原因になりますし、歪んだままにしてしまうと、将来的にさまざまな症状が出たり、次の出産でつらい症状が出ることがあります。産後は早めに骨盤をケアすることが大切なのです。

産後骨盤矯正の重要性

出産後骨盤体操や骨盤ダイエットなど色々な方法で体型を戻そうと頑張っても、肝心な骨盤が開いたままでは体重は減ったとしても体型までは戻りません。産後太らなかった方でも太りやすい骨格になってしまいます。
初産の時は体重がすぐに戻って痛みも無かったのに、二人目の時は体重も戻らず痛みが出たといった方が多いのは、最初の出産で骨盤が歪んだままになってしまっていたためです。
特に2人目、3人目と産んでいくとどんどん骨盤が開いていき、ひどい方は子宮脱などの臓器脱になる場合もあります。自分で骨盤ベルトなどを巻いてもなかなか効果を出すことは難しいと思いますので、専門院できちんと改善されることをおすすめします。

産後骨盤矯正の流れ

まずは、矯正ができる骨格かどうかをチェックさせていただき、矯正するしないを判断いたします。
その後、股関節の開き具合の調整を行い、次に骨盤を内側へゆっくりと圧をかける方法で締めていきます。また、矯正で骨が元に戻ったとしても、筋肉が固ければまたすぐに歪んでしまうため、マッサージなどで筋肉のケアも同時に行います。他にも筋肉トレーニングを指導させていただき、出産で弱くなった腹筋を回復させ腰痛を改善するなど、お母さんお一人おひとりの症状に合わせて治療を行っていきます。

0123-26-3303 北海道千歳市北陽5丁目1-2
月・火・木・金…9:00-12:00/14:00-19:00
水・土…9:00-14:00 日・祝…休診
(1月より診療日と時間が変わりました)

PAGETOP
Copyright © Suishadori Acupuncture and Moxibustion Osteopathy All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.